八王子のお蕎麦やさんでのライブは、無事に終わりましたー!😊❤️ありがとうございました❣️

満員御礼で、企画者の方の「古典芸能を守りたい!」という熱い想いを感じた演奏会でした!
目の前で、(マイクなし)生の唄と音を聴きたい!というのは音楽の原点であるように思えます。

至近距離の演奏で、ほとんどの方が三味線玄人ではない一般のお客様。端唄も小唄もご存知ありません。
こうしたライブは、三味線文化を伝えるという重責も感じますし、1時間の間に、演目を組み立て、MCも含めて、お客様に「三味線っていいな😃」と思っていただく。。。
ご反応に全身全霊を傾けて、その流れでMCも調整していく。。頭フル回転です💦

久しぶりのオール古典曲での番組構成は、ウケのいい歌謡曲やポップスが入らない分、緊張しました。
でも、ありがたいことに、「うちのおじいちゃんの誕生日にお願いしたい」「仲間との集まりで弾いてもらうにはどうしたらいいか」など、お声がけいただけました😃✨
次につなげていきたいです。

古典曲は、大和言葉の美しい言葉遊び。流れるような旋律に粋な雰囲気。
どうか、この文化とお三味線が、未来に残りますように。心から願います。
そして、私ももっと腕を磨いていきたいと思います😊✨