日本舞踊家で、横濱芸者の春日鶴香さんとの第四弾は、「春は嬉しや」です。
「四季の唄」とも言います。

四季を通して、お酒がたくさん出てくる陽気な唄で、酒好きな私には、かなりピッタリはまる感じ!?

「二人揃って」というのが、全季節の共通で、コロナ禍で飲み会が難しい昨今、この曲に唄われている日常が早く戻ればいいのになあと思います。

「しかと分からぬ主の胸」は「鹿」と、「私が気を紅葉」は、「気を揉む」との掛詞になってるなど、日本語って面白いなあと感じられます。

日本情緒が好きな方は多いと思います。
こういう曲に親しんでいただけたら嬉しいです。

よろしければご覧ください♪