次なる作品は、「かっぽれ」です。

江戸の「ふいご祭り」(鍛冶屋の神様を祝う祭り)に使う「みかん」がなかった年、紀州の大金持ち、紀伊国屋文左衛門が、命がけで荒れ狂う海の中、みかんを届けたことに感動した江戸に人々が唄った流行歌と言われています。

「かっぽれ」の語源は、「おかっぽれ」とも。

威勢のいい曲調、踊りでお座敷の定番曲です。

日舞の中に、しっかりと演技が入っているのが、本当に素敵!
歌詞と踊りを合わせてご覧いただければ、気づかれると思います~。
どうぞよろしければご覧ください!