四日間の全行程を終え、ゆきの先生は東京にお帰りになりました!
本当に、ありがとうございました!

昨日は、朝10時から午前中いっぱい講習会、午後から徳島藍桜会上板教室おさらい会、その後、ミニコンサート、さらに夜にかけて、懇親会♪

フルスケジュールで、夜は皆さんが帰った後、全部屋に掃除機をかけたら、バタンキュー。

でも、このスケジュールをこなしてくださったゆきの先生、、、本当に凄いです。感謝しかありません。
そして、朝からご参加くださった生徒さん方にも・・・。皆さんの意欲、素晴らしいです。

講習会では、私が生徒さんに日頃お伝えしてきたことと、ゆきの先生のおっしゃることが違っていたらどうしよう?とドキドキしましたが、ほぼ同じ!?良かったです(笑)さらに、ゆきの先生は皆さんの技術を深掘りしてくださりました。

いつもマンツーマンお稽古なので、合奏は皆さん、初めて。
なのに!こんなこと、お教えしてる私が言うのもおこがましいですが、すっごく素敵な演奏となって、感動しました。ぜひ、もっともっといろいろ勉強して、力をつけていただきたいです。
もちろん、私も、もっと腕をあげたいです。

おさらい会は、初参加の方がソロ演奏というまた無謀なチャレンジ。でも、堂々とした弾き唄いでした。
サザエさんの髪型で、私のアレンジしたサザエさんを演奏してくださった生徒さんも(笑)その後、懇親会で、「チームサザエさん」が発足。

いつかメンバーで慰問演奏に行こうね、という話をしていて、夢膨らみます。
やっぱり、音楽の延長にあるのは、自分も楽しくですが、聴いてくださる方にも喜んでいただく、だと思います。

ゆきの先生とのミニコンサートでは、至近距離すぎる演奏(笑)まさしくお座敷。

お座敷唄から長唄「二人椀久」「勧進帳」など、ド迫力!
私は、初めてで、、合わせもしたことないのに!?椀久の地を弾かせていただきました。。。
先生もなかなかチャレンジャー。

すべての演目を終えて、ご高齢の生徒さんのお母さんのために、会場を提供してくださった伯母のピアノ演奏、生徒さん指揮で「星影のワルツ」替え歌の「幸せワルツ」を皆で合唱。

今年、亡くなった祖母を思い出して、伯母が急に思いついての合唱でしたが、途中でもう胸がいっぱい。
ビデオを見たら、生徒さんのお母さんがとても幸せそうな顔で唄われていて、それを見て、また感動・・・。

長くなりましたが、こんな感じの初めての「講習会&上板教室おさらい会」でした。
人って、素晴らしい!出会った方々が幸せであることを願います。