以前、宮城を旅行した時に訪れた「白石和紙」の工房。
その後、たった一軒だけ残っていた和紙づくりの工房が高齢化で閉じて、存続の危機に瀕していたのですが、今は市民グループの手でなんとか持ちこたえたようです。
独特の風合いで丹念に作られた和紙の長財布が、私のお気に入り。
お月謝のやりとりで、いただいたお金をしまうのは、紙の長財布だったのですが、これまで白石和紙の長財布は東京教室にしか置いてなくて、徳島では市販の長財布を使っていました。
でも、それもボロボロになってきたので、取り寄せました✨新しい白石和紙❗️
耐久性、風合い、文句なしです。
丁寧な手仕事に感動します。
いいものがちゃんと世に認められて、後継者が出来て、文化として残っていけますように。
微力ながらここで宣伝させていただきます。
http://blog.livedoor.jp/sendaipanda/archives/44088881.html