「さわり」こそが、三味線の音の命であり、どんな三味線であっても、「さわり」をつける技術がとても大事です。しかし、残念ながら、多くの三味線教室では、「さわり」の構造を教えず、「さわり」自体も知らない方が多いようです。(三味線歴の長い方ですら!)この素晴らしい音の響きをどうやって説明しようと思っていたら、わかりやすいビデオを見つけました。お稽古では実践で、ご自身で「さわり」を綺麗につけられるようにお教えします。